薄毛の口の中の環境の関連性について

薄毛と口内環境

 

口内環境に驚く人

 

薄毛を予防するためには、口の中の病気である虫歯対策も大切です。
ところで、小さい時に、よく親や学校の先生などの周りの大人から「食べたらすぐに歯を磨いてね。」と言われることがよくありましたよね。
薄毛と関係のある虫歯を予防するためには、まさに小さい時に言われたことを素直に実践すれば良いのでしょうか。

 

 

でも、実際には、食後にすぐに歯を磨くのは、あまり虫歯対策にはならないと言われています。
私たちの口の中には元々細菌が住んでいて、食事をする時に食べ物と一緒に細菌も食べてしまっているようなのです。

 

なので、食事の後は、もっとも口の中に細菌が少ないようですよ。
この状態で歯磨きをしても、細菌は食べ物と一緒に体内に入り込んでしまっていますね。

 

食後すぐの歯磨きは危険

 

歯磨きの時間に悩む人

 

さらに、食後すぐの歯磨きは、歯の象牙質を削ってしまう危険性もあるようですね。

 

食事を終えて30分後くらいに、歯磨きをするのが良いと言われています。
それから、私たちの口の中の細菌は、夜寝ている時がもっとも活発になるようですね。

 

歯に付いた糖分を餌にして増殖し、時には歯を溶かしてしまうこともあります。

 

夜の歯磨きは歯や歯の隙間に食べカスを残さないように、朝の歯磨きは細菌を吐きだすために行うのが良いようです。
この他には、あまり意識をしない方も多いでしょうが、唾液は口の中の細菌を減らすために大切なものです。

 

緊張している時やストレスを感じている時には、唾液の分泌は少なくなります。
こんな時には、飲み物を摂取したり飴をなめたりガムを噛んだりなど、意識的に唾液を出す工夫をしてみると良いでしょう。

 

よく噛んで食べること、顎を動かすことなども、唾液の分泌を促すのに効果的です。
ただ、甘い飴やガム、飲み物などは虫歯の原因になるので、出来るだけ糖分の含まれていないものを選びましょう。
もし糖分を摂取するなら間食としてではなく、食事の時に摂ってしまう方が糖分を上手く薄めることが出来て虫歯予防になります。

 

 

歯がガタガタになれば薄毛に?

 

科学的な根拠はまったくありません。

 

ですが、歯や歯肉がおかしくなれば自律神経に影響し、ストレスから薄毛になる可能性はないとは断言できません。

 

もし歯科医にまったく足を運んでいないのであれば、年に3回くらい行ってみたほうがいいと言えます。

 

その上で、良いシャンプーを使ってみたり、育毛剤を使ってみるのがいいと言えるでしょう。

 

おすすめの育毛剤は?!

 

M1ミスト情報局というサイトで紹介されていますが、M1ミストという育毛剤がなかなかよいです。
友人に紹介されて使い始めましたが、水のようで匂いがなく、つけてもしみたりしないので、問題ないと言えます。

更新履歴